新築一戸建て我が家の自慢は。

マンション生活から念願の一戸建て住宅へ引っ越してから、家族の会話が増えて、家族で過ごす時間は言うまでもありませんが、以前と違い、家族がリビングルームに集るようになったのには理由があったと思います。

まず、何と言っても床暖房です。以前の住まいでは冬場はストーブとホカホカカーペットをリビングルームには敷いていましたが、家族が揃うとカーベットのスペースが狭くなり、あぶれてしまった家族は自分の自室へ戻る形になっていました。

しかし、今回はリビングとキッチンに床暖房を入れたことで、これは家族から大好評となりました。
帰宅すると、冬場は既にリビングとキッチンがほんのり暖かくなっているので、まずリビングに集合します。

また夏場はベランダを空けて、リビングルームと繋いで広々とさせるので、またそれも居心地が良いのか?家族が自然と集ります。
新築一戸だてを建てるに当り、床暖房とベランダの幅を広くとり、リビングと繋げたいという希望があったのですが、その二つは実行して本当に良かったと思える点です。